FC2ブログ

そとはぐちゅぐちゅ、なかはぐにぐに

山根かずき&山根かずきバンドの旧ブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

砂糖のようなポピュラリティを忘れないで!  

さぁー始まりましたね、ワールドカップ日本戦!
ツイッターやmixiボイスで大変な盛り上がりを見せています!
僕は、そんなこと全く無視して
「そとぐちゅ」を書いております!



キック・オフ!!




僕は、前々から
「わかる人にだけわかる」
「〇〇好きな人のための〇〇」
みたいなものがどうも好きじゃなかったんですよ。
なにかひとつの分野なり部分を突き詰めてすごくしたもの。
音楽でも、すんごいマニアックなヤツとか、
すごいプレイヤーが集まって
なんかよくわからんことしよるみたいなやつとか、
そういうのがどうも苦手でした。


簡単に言えば、「ポップなものが好き」ってことなんですけど、
とはいえ、
いわゆる売れ線のJポップには一切興味がない。
だから、「ポップなものが好き」と
一言でいってしまうのも、
ちがうなーって気がしてたんです。



そんな僕こと一輝山根がですね、
とある対談を読んで、
その中のことばにすごくはっとさせられたんですね。
それが、どうも今までの自分の疑問を解決するきっかけになりそうで
いつも気になってて、
最近頭から離れません。



そのことを今日は紹介します。




では以下、その対談を抜き出したものです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(NHK「ためしてガッテン」制作の北折さんと、
 ほぼ日の糸井さんが、
 「ためしてガッテン」でカレーを扱った放送の話をしたところで)


糸 井   で、それがひとつと、もう一個は、あんときに、
      隠し味でちょっと砂糖入れるっていうのが
      あったんですよね。

北 折   はい。

糸 井   あれについて、ぼくは
      番組つくってる人がいたら、
      ぜひ言いたかったと思ったんだけど、
      砂糖入れるって隠し味は、
      遠近感をつくることですね、
      って言いたかったんです。

北 折   ああー!
      なるほどー!

糸 井   つまり、砂糖入れることで
      近い距離でのおいしさを味わわせる。
      その近さをものさしにして、
      遠さが表現できる。

北 折   はいはい。

糸 井   スパイスが混在して
      いろんな距離があって
      わからなくなっているところに、
      甘さが見つかった途端に、
      そのものさしひとつもらったおかげで、
      一番淡い、なんだかわからない
      スパイスのことまで、
      距離が、わかるようになる。
      それが言いたかったことでしょう。
      これ、会えたらぜひ言いたかったんです。

北 折   あー、すごいですねえ。
      ありがとうございます(笑)。


 (『「ガッテン」させるテレビ術。その6ガッテンするよ』より)




と、ここまでです。


この「砂糖」の喩えにはっとさせられました。



「砂糖」みたいな
自分のよく馴染んでいる味が手前にあるからこそ、
よくわからんスパイスの位置がつかめる。
スパイスの位置がつかめると、
感覚の中で砂糖からスパイスからなにからが
きれいに味の図にならんで、
「なるほどー!」ってなる。


つまり、僕の好きなものはそれなんだと思いました。
砂糖みたいな、馴染みのあるものが入ってて、
しかも独特なスパイスも同時に入ってるもの。
独特なスパイスだけじゃだめ。
砂糖だけもだめで。
砂糖からスパイスまでも入ってる、
そのダイナミズム!が好きなんだろうな。


たとえばカレーでいうなら、
カレー大好きでとにかくカレーを食べまくってたらさ、
だんだんとスパイスも「砂糖」的なものに
変わってくると思うんですよ。
スパイス自体も十分じぶんの馴染みの味になる。
そうすると今度は、
わけわからんスパイスばっかりのカレーも楽しめるようになると思う。
スパイスが基準になりますから。
そしたらむしろ、「砂糖」は入れたくなくなるでしょ。
こういうふうな進み方ってあると思うんですよ。
そういうなじみ方っていうか。
そういう深め方。掘り下げ方。
それをしすぎてるのが、苦手なんですねー僕は。


あくまで生活感を失いたくない!
(調味料としての)砂糖は
僕ら日本人が普通に生活していく上で慣れるものですよね。
それを基準にしてもらいたいんです。
みんながふつうに持てそうなモノを基準にして!
ふつうの生活してたらなじまないスパイスを中心に置かないでー!
って思うんです。


片足はあくまで日常生活の上におきながらも、
ピボットターンでどこまで移動できるか、みたいな。
その巧さ。ウマさ。
「両足離していいよ」ってルールになったら、
どこまでもつっぱしって行ける人が勝ちになるけど、
それは好きじゃない。
それが僕の好みのルールかなと。




好きなもののルールこそ語ったり論じたりするのはむずかしいですけど、
やってみました。
とにかく「砂糖」の話がわすれられない。
それに、
この「ガッテン」の対談は他にもわすれられない話だらけ!
クリエイティブなひらめきがほしい人はのぞいてみては。



ってことで、終了のホイッスル!
ピッピーーーー




関連記事

category: ●好き・嫌い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ymnkzk.blog85.fc2.com/tb.php/159-eab8581d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。