FC2ブログ

そとはぐちゅぐちゅ、なかはぐにぐに

山根かずき&山根かずきバンドの旧ブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

おおはた雄一のライブ行ってきて感想を書きりんご  

ども、僕です。


今日はですね、
僕の最近のモスト・フェイバリット・アーティストの
おおはた雄一さんのライブに行ってまいりました。


こんな感じのライブ。

 おおはた雄一 ツアー2010~光を描く人~
 おおはた雄一(g.vo) / 伊賀航(b)、北山ゆう子(dr)
 special guest:コトリンゴ (key,vo)

 場所:Shibuya DUO(渋谷)



今日はそのライブの様子を
やや長々と綴りたいと思いますのでよろしくお願いします。


まずは今日の感想を一言で表したいと思います。






「コトリンゴ、最高」



いやぁーー、
よかった。
僕はコトリンゴさんというのは名前しか知らなかったんですけど、
実際見てみて、
聴いてみて、
衝撃でした。





で、今日の感想をもう一言で表すと、


「ドラムとベースがマイナスポイント100」



辛辣な発言ですみません。
今日はおおはたさん(ギタボ)、と
ドラムとベースっていうスリーピース体制が基本だったんですね。
その3人のアンサンブル感が、
ほんとうに、
ほんと、も、ほんと、
もんと、
いまいちでした。
(以降、辛口な発言が続いてしまうので
 気になる人は読むの避けてくださいね)


いいときもあったんですが、
悪い時の方が多かった。
ドラムとベースが合ってないんです。



ドラムの人は、鋭く繊細なドラミングで、
ゆえに合ってない。
音とかフレーズが強くて、おおはたさんのまろやかムードに
針を刺していくかのよう。
さらに、グルーヴよりも、
音とフレーズのエモさ、かっこよさを重視してる感じ。
個人的には、もっとおおきく、じっとり、
ニュアンスで味わわせてほしいなと思いました。
叩いている時も、目をつむって、
肩をこわばらせて、
「むふあぁー」って表情になってて、
「自分の世界」的な叩き方でした。
これは僕の苦手なタイプ。
とちゅう、幾度かおおはたリーダーの目配せがあって、
それによってドラムさんも目を見開き、
周りと合わせようとなって、
そうするととりあえず落ち着いた音にはなるんですけれども、
それはそれで意識された音になってしまって
心地よくない。


ただ「キリン」という曲のドラムをCDに近い形で叩いてくれたのは
とてもうれしかったです。
(CDは別の人が叩いてます)



ベースの人は、腰の入ってないベースといいましょうか…
(あまりにも辛辣ですみません)
グルーヴもないし、
ミュートして親指で弾く奏法のときは、
ニュアンス以前に、リズムが合ってないです。
あとは、
ベース本体がビンテージっぽくてかっこよかったです。


とにかくみんなのアンサンブル面がよくなくて、
「ガッタガッタ」という唯一(?)のロックチューンでは
高校生のアンサンブルを想像してしまったほど。
みなさんもちろんテクニックはお持ちなんですが、
合ってない。
おおはたさんも、
ギターソロ、というよりは、
ソロギターといった感じで、
いつも弾き語りメインで演奏されているせいか、
バンドのアンサンブル感はいまいちでした。
リズムもタイトでない。



そんな感じでややイライラしながら見てたんですけど、
ライブ中盤、
そこにゲストのコトリンゴさんが参加しました。



こっからでしたおもしろいのは。



まず単純にスリーピースで足りなかった中域が
キーボードによって満たされただけで
かなりいい感じに。
そしてドラム&ベースの音がいい感じにマスキングされて、
細かいニュアンスのずれも気にならなくなりました。
バンド全体の音量の上限もぐっと上がって、
鋭いドラミングも許容できるように。
なにより、
コトリンゴさんのキーボードのアンサンブル力
(あんさんぶるか、じゃなくて、あんさんぶるりょく、ね)。
一気に音楽が充実しました。


そしてアンコール。


ここで
「コトリンゴさんをもっと見たい」と思っていた僕にとって、
最高の展開が。
まず一曲、おおはたさんとコトリンゴさんのデュオ。
コトリンゴさんがメインで歌います。
そしてその後、
コトリンゴさんのソロ(!)で一曲演奏がありました。
曲は「hedgehog」。
この曲が始まった途端、かるく泣きました。
すげかった。
たたずまい、態度。
わけわからん。すごい。
ただのリンゴじゃない。
コトリンゴ。
音楽聴いててすんごい楽しくなるときの気分。
でした。



そしてラストは、
おおはたさんの代表曲「おだやかな暮らし」。


この曲はですね、
最初通りのスリーピースに戻って演奏されたんですが、
よかったんです。
むちゃくちゃシンプルな8ビートの曲なので、
無機質なドラミングがそれにフィット。
ベースも、とたんに無骨さがいい感じに聞こえ、
ほんとうにあのバンドにフィットした音楽になった感じを受けました。
前半の生々しいノリ(フォークやブルースやロックなど)の曲よりも、
こういう無機質で現代っぽいノリの方が
あってそうなメンバーだなーと思いました。
そういう曲をもっとたくさんやってほしいです。



はい。じゃあ今日はこれでおしまい!
読んでくれた人はありがとさん!
オヤスミンゴ。

関連記事

category: ●一輝山根、語る

tb: 0   cm: 6

コメント

初コメです。

リツイートには長すぎるのでこちらに失礼します☆

コトリンゴさんあたしフォローしてておおはた雄一さんのこと今日呟いてたので、あれ、山根さんコレに行くのかな?って思ってたんですが、やっぱりそうだったんですね!

コトリンゴヤバいですよね。なんかコトリンゴさんの歌とピアノを聴くと、弾き語りってジャンルに無限の可能性を感じるんですよ。コトリンゴという、バンドにもオーケストラにも無い、素晴らしい音楽がそこにあって。しかもはんぱなくピアノ上手いし(バークリーだかジュリアードだかのジャズの科卒業してるので。)、坂本龍一も認めちゃってますしね。たまたまこの間久しぶりに「こんにちは、また明日」聴いてわたしも泣きました~(T^T)
いい音楽を聞いてる時間はホントなにものにも変えがたい時間ですね。わたしも聴いてくれる人にそう思ってもらえるような音楽が作りたいものです!

今度あたしもコトリンゴのライブ行って生で聴いてみます☆山根さんもまた何か対バンしましょー♪

ではではお休みなさい!ぁ、ずいぶんな長文失礼しましたーm(。 。)m

URL | 麻里恵 #qXLrZ1Aw
2010/06/25 00:40 | edit

とりあえずコトリンゴさんフォローしました。

すごい人だねぇー。泣ける。わかる。
YouTubeでいろいろ見たけどさ
思ったよりピンとこなかったから(笑)、
やっぱあの生身の人間の態度というか、
そこが俺にはビンビンくるんだろうな。ライブ見に行きたい。
とりあえずなんかCD聴いてみないとな。


あと事りんごさん出てきた時、
O和田さんにそっくりでびっくりした。
髪型から洋服から、すんごい似てた。

弾き語りがんばろーぜ。

URL | 著者山根 #-
2010/06/25 00:51 | edit

コトリンゴ!!

先月末、KARENという私の大好きなバンドの企画ライブがあり、そのゲストがこれまた好きなコトリンゴでした!!
そのライブ本当に本当に行きたかったんですが行けなくて……やっぱり無理してでも行けばよかったです…(泣

ちなみに私も初コメント失礼致しました!

URL | とがわ #f8QEhr9.
2010/06/25 01:01 | edit

いらっしゃい

初めての方でも楽しめる、「そとぐちゅ」ですよ。

KARENって去年やってたやつだね。
コトリンゴさんはどうやらいろんなライブにゲスト出演してるのかな。
好きな人が2人(組)同時に出るなんて
そんなの考えられる中でも最高中の最高で、
もう残りの人生の中でも2度とないだろうからそれを逃したら
もう、あれだね。



すみません、前のコメント「事りんご」になってますけど、
「コトリンゴ」です。失礼しましたコトリンゴさん。

URL | 著者山根 #-
2010/06/25 01:30 | edit

コトリンゴ!!

知らないけど響きがステキなんでコメントしました!

常連コメ失礼しました!

URL | モ #-
2010/06/25 19:50 | edit

毎回でもカモン!!

カモニンゴ!

URL | 著者山根 #-
2010/06/25 23:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ymnkzk.blog85.fc2.com/tb.php/166-22297208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。