FC2ブログ

そとはぐちゅぐちゅ、なかはぐにぐに

山根かずき&山根かずきバンドの旧ブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山根かずきの本当の敵  

山根ガーデンパーティー青空


みなさんこんばんは。
山根かずきこと僕です。


昨日から僕はツイッターで、
やれ音楽家の社会貢献だの、
やれCD販売中止は妥当だの、
なんかかんやと偉そうに言うとりましたが
(詳しくは僕のツイッターをご覧ください)、


友人知人の知的なつっこみのおかげで
気づくことができました。


「あ、僕は世間知らずで浅知恵なのね…」と。


そして、その気づきを経て
さらに重要なことに気がついたのです。


それは、
僕の、
山根かずきにとっての本当の敵の存在です。





僕は本当はなにが言いたかったのか。
振り返れば、僕はいつも同じことに苛立っていました。


「リーダーシップっていうものは…」
「良い組織っていうものは…」
「人を動かすということは…」
「教えるということは…」
「親ってものは…」


いつもそんなことばかり考えていました。
発言していました。
そこになにか自分と関わりの深いテーマがあるに違いない…。


そして気づいたのです。
端的に言って僕の敵とは、

「無能なリーダー」であり、
「無能な上司」であり、
「無能な先生」であり、
「無能な親」なのです。


つまり「無能な権力者」です。


そういう輩にものすごくイライラするんです。
昔からです。


なぜ「無能な権力者」にイライラするのか。
それはもう一言で言って、
僕自身が「わがまま」で「自信があるから」です。


絶対自分のやり方でやったほうがうまくいくと思ってるから、
自分の納得するやり方以外のやり方を強要してくるリーダーに
耐えられないのです。


小学校のころから思ってました。
「なんでこんなやり方をさせられるんだ…」
「自分だったらこうするのに…」
「あいつ頭悪いんじゃないか…」








つまり山根かずきから
世の「無能な権力者」達に言いたいことはひとつ。





「どけ、俺がやる」





その一言です。













しかし、






だとしても、





僕は悩む。


苦しむ。


考える。






なにに悩み苦しむのか。


結局その一言が言えないから苦しむ。





自分が責任持って、
権限持って、
なんとしても、
絶対やりぬくという自信をもって、
「俺がやる」と手を挙げること。


それができないから悩む。


苦しむ。


結果、セコい方法で挑む。
なんかやった風にする。
甘っちょろい試合だけする。






だから、
山根かずきの本当の敵とは、
「無能な権力者」の前に立ちすくむ、





山根かずきです。






現状に不満を感じながら手を挙げられないでいる
自分自身です。







だから今、
僕は本当の敵にして最大の敵である山根かずきに対して、
こう言いたいです。





















「この意気地なし野郎ぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜!!!!!!!!!!!!」





ちなみに、
「山根かずきバンド」は、
そんな意気地なし野郎が正々堂々と手を挙げた、
数少ない事例のひとつです。


関連記事

category: ▲日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ymnkzk.blog85.fc2.com/tb.php/268-2dcfe341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。